株式会社エコテクノス
自然環境保全と工事のコストダウンに貢献する 流動化処理土 「エコソイル」

準備中     
エコソイルとは?

建設発生土を流動化処理土製造装置(固定式又は移動式)で均一・高品質に処理した流動化埋め戻し材です。

環境保全に優れ、作業効率の高い流動化処理土として、いろいろな工事箇所で利用可能です。

●締固め作業を必要としないため、作業コストダウンに優れています。

●流動性があるので、狭い空間にも容易に充填できます。

●低い強度で固化できるので、再掘削が可能な任意の強度が得られます。

●浸食が起こりにくいので、地盤の空洞化防止に効果があります。

●高い粘着力を保持(硬化後)するので液状化を防げます。

lss
特許第2728864号
「流動化処理工法」
特徴

 

エコソイルの特徴としては、締固めを必要としない事、流動性があるため狭い空間にも容易に充填できる事、低強度で固化できるため配合を調整する事により再掘削が可能な任意の強度を得られる事が出来るなどを挙げる事が出来ます。

さらに、従来から埋め戻しに多く用いられている山砂などに比べて表流水、浸食水による浸食が起こりにくく、浸食による地盤の空洞化防止にも効果があると考えられます。

また硬化後は高い粘着力をもつので、砂地盤のような液状化の危険がありません。

概念
固定式

「エコソイル」による埋め戻し工法は、従来の埋め戻し工法と比較して・・・

1.埋戻し不良による路面陥没のおそれがない。

2.埋設物復旧用受け台が不要になる。

3.仮舗装による自然転圧の期間が不要になり仮舗装期間の維持管理がなくなる。

4.地震時に液状化のおそれがない。

など、多くの利点があります。

高品質

「エコソイル」は泥水比重および固化材の量を計量管理して製造しますので、強度、流動性とも目的に対応する高品質の均一な性状の埋め戻し材としてご利用いただけます。

試験結果
強度と流動性

 

エコソイルは固化材等の添加量を調整する事により適切な強度と流動性を得ることができます。

強度
エコソイル
固定式
プラント全景

エコソイル固定式プラント

<市川高谷プラント>

製造能力100m3/H(パッチ混練)

 

市川高谷プラントで1日あたり約500m3の
エコソイル供給が可能です

固定式

販売元
株式会社エコテクノス エコテクノスホームページ
【事務所】 〒272-0013 千葉県市川市高谷1963番地1
TEL:047-327-9188    FAX:047-327-0735

市川高谷プラント
再資源開発株式会社 

Copyright(C) All rights reseved.